blog index

「踊りに行くぜ!!」福岡

2008「踊りに行くぜ!! vol.9」福岡公演公演のご案内
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2009年6月7日「踊りに行くぜ!! vol.10」 福岡公演 出演者選考会+ダンスディスカッション
いよいよ「踊りに行くぜ!!」10周年!

今年も6月7日の福岡公演出演者選考会から、お楽しみください!


2009年6月7日「踊りに行くぜ!! vol.10」

福岡公演 出演者選考会+ダンスディスカッション

出演者募集中!!
応募締め切り5月20日(水)必着
2009「踊りに行くぜ!! vol.10」福岡公演は、日時も10、10、
10月10日(土)
イムズホールにて開催予定です!
※「踊りに行くぜ」昨年の様子は、http://odorini.jcdn.org/ 内 踊りに行くぜ!!公式サイト
ご覧いただけます。


福岡選考会は出演者以外の方も自由にご覧いただけま
す。
奮ってご参加ください!


開催日時:2009年6月7日(日)  14:30 スタート   
入場料:500円 
会場:
福岡市民会館練習室C  (福岡市中央区天神5丁目1−23)

「踊りに行くぜ!! 」は

■全国の振付家/ダンサー/パフォーマーが、違う都市において公演を重ね様
々な反応を得ることによって、作品及びアーティストが育っていくこと

■全国のアーティスト間、スペース間、アーティストとスペース間の新たなコミ
ュニケーションが生まれること

■各地域の孤立をなくすこと
■各地域の観客に新しいアーティストを紹介することにより、ダンスへの理解
が深まり、観客自体が育っていくこと

■アーティストにとって地元以外での単独の公演やカンパニー公演が日本各地で
行われるようになること

■既成のダンスにとらわれることなく、オリジナリティのある動きや新たなダ
ンスの価値を創り出すことを目的に企画し、出演者は、1.各開催地での選考
会からの選出 2.開催すスペースとJCDNからの依頼 3.スペースの推薦
4.カンパニー公募等の方法で決定しています。 


創る人と観る人の本音トーク、毎回好評のダンスディスカッション。皆様の積
極的な参加をお待ちしております!


応募対象作品 
・振付家自身が出演する20分以内のオリジナルのダンス/パフォーマンス作
品(ジャン ルは問いません)。
・出演人数は、ソロ〜3名までを対象とし過去の作品・新作は問いません。
・昨年の「踊りに行くぜ!!vol.9」公演に出演した方は、同様の出演者構成
での応募はで きません。 
応募方法・締め切り 2009年 5月 20日(水)必着

1.本企画で上演希望作品のビデオ(DVD 又は、VHS)  
■作品の内容がわかるもの   ■20分以内の1作品に限定  
■プロモーションビデオのように編集されたビデオは対象外 
■ビデオ返却を希望される方は、必ず (峙兩莉蚕蠅鯡正し ∪攫蠅
貼った封筒を同封してください。
2.振付家名・出演者名・(ユニット名)・作品名・作品に対するコメント
・収録作品の  分数・出演者の人数を明記
3.振付家連絡先・略歴・(ユニット略歴)、応募者名・連絡先(振付家と
同じ場合は一つで可)
4.応募の時点でわかっている10月から12月の予定。      
※当日の集合時間など詳細は、出演者決定後にお知らせいたします。

応募多数の場合は、ビデオ審査を行い、結果を一週間以内にご連絡いたします。

本選考会は1次選考会として開催し、応募があった作品の中から1次選考委員に
より2-4作品を選出。その中より映像(選考会発表時の映像)による2次選考を
JCDNと地元主催者の両者で協議し、出演作品を決定します。
 

応募資料送付先    
〒810-0022 福岡市中央区薬院1-14-21-56      
NPO法人コデックス「踊りに行くぜ!!」福岡選考会事務局宛 

お問合せ先        
NPO法人コデックス:TEL 080-5202-1837 
e-mail:codex7000@yahoo.co.jp
JCDN事務局:TEL:075-361-4685 e-mail:jcdn@jcdn.org 
       URL http://www.jcdn.org/

主催:NPO法人 コデックスコデックス(Co.D.Ex.) 
全体企画:NPO法人 Japan Contemporary Dance Network
| codex7000 | - | 23:27 | comments(37) | trackbacks(59) |
今年も「踊りに行くぜ!!」福岡公演!!
おてんき今年もやります「踊りに行くぜ!!」福岡公演プレイベント


@イムズスクエア
9月27日(土)13:00、14:30、16:00の三回各約30分
会場:イムズスクエア 天神イムズ正面玄関前。
ダンサー:アベカズミ(08)、イフクキョウコ(07)、王丸せい子、大野智子、
菊沢将憲、スウェイン佳子(01)、タイスケ、真崎千佳(06)
(アイウエオ順 カッコ内は「踊りにいくぜ!!」出演年度)
@チャコット福岡店
“おどるんば!”
ふらっとお立ち寄りください。
9月27日(土)14:00から約10分。 
会場:チャコット福岡店 
福岡県福岡市中央区天神2-3-34
TEL:092-711-0211
ダンサー:アベカズミ、真崎千佳


おてんき2008「踊りに行くぜ!! vol.9」福岡公演


おてんき公演日時: 2008年10月4日(土曜日)   
19:00開場  19:30開演
おてんき公演会場:イムズホール
(福岡市中央区天神1−7−11 イムズ9F)

おてんきチケット料金 ※ 全席自由
一般 前売り2,500円 / 当日3,000円
学生 前売り1,500円 / 当日2,000円
チケット取り扱い
ローソンチケット  Tel 0570-084-008(Lコード85903) 
メガチケットアートリエ Tel 092-281-0103(10時〜20時・店頭販売のみ)
JCDNダンスリザーブhttp://dance.jcdn.org/ 
おてんき主催:コデックス Co.D.Ex. / 「踊りに行くぜ!! Vol.9」福岡公演実行委員会
  後援:(財)福岡市文化芸術振興財団  福岡市   
  協力:イムズ
おてんきお問合せ/予約:コデックス Co.D.Ex. Tel 080-5202-1837
                     E-mail codex7000@yahoo.co.jp

出演者プロフィール・作品紹介】 
アベカズミ 【福岡】  
作品タイトル 夕立
振付・出演:アベカズミ


作品コメント
雨の音を聴くと「何回も生き直してきた」そんな気がする。
繰り返してきた思いがある。
「ずっと待っていた」
そしてわかった
「私は女なのだ」

プロフィール
アベカズミ Abe Kazumi
ライブハウス通いの20代、あきらめと欲求不満を抱えた、なりきれないパンクス。01年偶然新聞で見た福岡市文化芸術振興財団「ダンスジェネレート」参加。コンテンポラリーダンスに出会い、生まれて初めてのダンス。講師の日玉浩史に大きな影響を受ける。様々なワークショップを受け舞台に出演。03年家族の介護の為ダンスから離れる。07年コンテの先輩のすすめで「踊りに行くぜ」選考会応募。08年福岡フリンジフェスティバル「ダンスの発火点」出演。音楽と響き合う作品づくりを目指す。<福岡選考会選出>

金魚(鈴木ユキオ) 【東京】photo Shinsuke Hatashima 
作品タイトル 沈黙とはかりあえるほどに
振付・演出・美術:鈴木ユキオ
出演:鈴木ユキオ、安次嶺菜緒、原田香織、横山良平
衣装:石野良子
作品コメント
沈黙とはかりあえるほどに、、、
そぎおとされた、過剰に蓄積していく世界
沈黙はコンタクト 交感
ひりひりと耳をすまし、覚悟する――

プロフィール
金魚(鈴木ユキオ) KINGYO
鈴木ユキオが活動を開始。切実な身体を並べ、人間や感情、個性のすれ違いや出会う様を演出。淡々とながれる時間の中で身体が語るのは、残虐なまでに不器用で、愛おしいほど空回りを続ける命の儚さ。まさに、ドキュメンタリー・ダンス。03年STスポット・ラボアワード受賞。07年京都芸術センター舞台芸術賞ノミネート。トヨタコレオグラフィーアワード05年オーディエンス賞、08年次代を担う振付家賞受賞。<カンパニー公募選出>
http://www.suzu3.com/

鈴木清貴×藤田拓也 【東京】photo 伊藤孝
作品タイトル 変容するモザイク
振付・出演:鈴木清貴、藤田拓也

作品コメント
画面の内と外側
手を伸ばせば互いの磁気を織り成し
且つ消え且つ結びながら境界を溶かしていく
二つの身体が現す一枚の絵は
果てしなく描かれ、共鳴する

プロフィール
鈴木清貴Suzuki Kiyotaka×藤田拓也 Fujita Takuya
桜美林大学在学中、共に木佐貫邦子に師事。07年卒業後すぐに結成。同年よりセッションハウスを中心に活動。今作品が初のデュオ作品となる。
鈴木清貴:84年、東京都出身。高校時代にストリートダンスの初舞台で大恥をかき悔しさから踊り始める。木佐貫邦子に出会い本格的に踊りを開始。卒業後はコンテンポラリーに転向して菊地尚子、三東瑠璃などの元で学ぶ。
藤田拓也:85年、北海道出身。在学中に木佐貫邦子と出会い、役者からダンスに転向。07年卒業後、伊藤直子・KENTARO!!の下で学びながら、三浦宏之作品等、様々な作品に出演する。<セッションハウス推薦>

ピンク【東京】photo 飯田研紀
作品タイトル 子羊たちの夕焼けボート
振付・出演:磯島未来、加藤若菜、須加めぐみ

作品コメント
やればやる程分からなくなり
でもやることで突きとめたい頑固不器用
進んで飲み込まれて
それでも進む
その先に見えるものは

プロフィール
ピンク Pink
磯島未来・加藤若菜・須加めぐみによる過呼吸乙女ユニット。正統に鍛えた体をことごとく酷使しながらその先に見えるダンスをダンスと示すも、3人のセッションは「同時多発バカ」と呼ばれるほどバカバカしさで溢れていて、その融合は他に類を見ない。08年3月「ピンク祭」開催、単独公演『COSMIC LIVE 2008』発表。


■百田彩乃・高山力造 【福岡】photo 清水 俊洋 
作品タイトル spare
振付・出演:百田彩乃、高山力造

作品タイトル 
君と私は たぶんペアで 私は君の たぶんスペア 
2人で1つを求めて 騙し合ったり 奪い合ったり
だったら 存分に楽しみましょうか 
2人の関係が リペアするまで 

プロフィール
百田彩乃 Momoda Ayano
山口県生まれ。でも青春時代のほとんどを広島で過ごす。大学時代にワークショップを通してコンテンポラリーダンスと出会う。あらゆる可能性に魅せられて、大好きなダンス道を追い求め中。ダンスラボ05、06、07 (北九州芸術劇場 企画製作)に参加。08にCNDC(フランスアンジェ国立振付センター)の研修に参加。同年4月、京都にてCNDCの芸術監督Emmanuelle Huynhによる作品「BIG LIFE」に出演。7月からは《ダンス部》(北九州芸術劇場 企画製作)の部長として活躍中。
高山力造 Takayama Rikizo
広島出身。18才から住み着いた福岡を拠点に劇団 《village80%》で脚本/演出/役者と手広く活動中。福岡市文化芸術振興財団主催の演劇ワークショップで進行役も務める。同財団主催ダンスジェネレイト福岡05でコンテンポラリーダンスに出会い、北九州芸術劇場ダンスラボ05、06、07年に参加。作品創作の方法を学ぶ。演劇とダンスの境界線上をふらふらと歩いている今日この頃。<福岡選考会選出>

| codex7000 | - | 06:04 | comments(0) | trackbacks(33) |
2008「踊りに行くぜ!! vol.9」福岡公演 プレイべント決定!!
今年もやります「踊りに行くぜ!!」福岡プレイベント@天神イムズ正面玄関前!!
一回目
9月27日13:00、14:30、16:00の三回約30分、これまでの「踊りに行くぜ!!」公演の地元福岡からの出演者、今年の出演者、そしてこれからの出演者(笑)が、各回入れ替わり立ち代り踊ります。
こんな楽しいパフォーマンス、ご都合がつく方は、是非観に来てくださ〜い!!
2回目
なんと本番前日、頑張ります!!

時間はまもなく発表!!!

2008「踊りに行くぜ!! vol.9」福岡公演

ダンスは未知のトビラを開く!?!
2008「踊りに行くぜ!! vol.9」のトップバッター、福岡公演はまたまた凄いです!!
上演作品、恒例のグッズ・ロビー会場とも、乞うご期待!乞うご来場!!の福岡公演です。

ブログ「福岡発ダンス∞アート情報」を併せてご覧下さい。


おてんき公演日時: 2008年10月4日(土曜日)   19:00開場  19:30開演
  公演会場:イムズホール(福岡市中央区天神1−7−11 イムズ9F)
  チケット料金:一般    前売り2,500円 / 当日3,000円
          学生     前売り1,500円 / 当日2,000円
           ※ 全席自由、学生券は入場の際に要学生証提示

かわいいチケット取り扱い  ローソンチケット  Tel 0570-084-008(Lコード85903) 
  メガチケットアートリエ Tel 092-281-0103(10時〜20時・店頭販売のみ)
  JCDNダンスリザーブhttp://dance.jcdn.org/ 
     
よつばのクローバー主催:コデックス Co.D.Ex. / 「踊りに行くぜ!! Vol.9」福岡公演実行委員会
  後援:(財)福岡市文化芸術振興財団  福岡市   
  協力:イムズ

聞き耳を立てるお問合せ/予約:コデックス Co.D.Ex. Tel 080-5202-1837
                     E-mail codex7000@yahoo.co.jp


出演者プロフィール・作品紹介】 
アベカズミ 【福岡】  
作品タイトル 夕立
振付・出演:アベカズミ


作品コメント
雨の音を聴くと「何回も生き直してきた」そんな気がする。
繰り返してきた思いがある。
「ずっと待っていた」
そしてわかった
「私は女なのだ」

プロフィール
アベカズミ Abe Kazumi
ライブハウス通いの20代、あきらめと欲求不満を抱えた、なりきれないパンクス。01年偶然新聞で見た福岡市文化芸術振興財団「ダンスジェネレート」参加。コンテンポラリーダンスに出会い、生まれて初めてのダンス。講師の日玉浩史に大きな影響を受ける。様々なワークショップを受け舞台に出演。03年家族の介護の為ダンスから離れる。07年コンテの先輩のすすめで「踊りに行くぜ」選考会応募。08年福岡フリンジフェスティバル「ダンスの発火点」出演。音楽と響き合う作品づくりを目指す。<福岡選考会選出>

金魚(鈴木ユキオ) 【東京】photo Shinsuke Hatashima 
作品タイトル 沈黙とはかりあえるほどに
振付・演出・美術:鈴木ユキオ
出演:鈴木ユキオ、安次嶺菜緒、原田香織、横山良平
衣装:石野良子
作品コメント
沈黙とはかりあえるほどに、、、
そぎおとされた、過剰に蓄積していく世界
沈黙はコンタクト 交感
ひりひりと耳をすまし、覚悟する――

プロフィール
金魚(鈴木ユキオ) KINGYO
鈴木ユキオが活動を開始。切実な身体を並べ、人間や感情、個性のすれ違いや出会う様を演出。淡々とながれる時間の中で身体が語るのは、残虐なまでに不器用で、愛おしいほど空回りを続ける命の儚さ。まさに、ドキュメンタリー・ダンス。03年STスポット・ラボアワード受賞。07年京都芸術センター舞台芸術賞ノミネート。トヨタコレオグラフィーアワード05年オーディエンス賞、08年次代を担う振付家賞受賞。<カンパニー公募選出>
http://www.suzu3.com/

鈴木清貴×藤田拓也 【東京】photo 伊藤孝
作品タイトル 変容するモザイク
振付・出演:鈴木清貴、藤田拓也

作品コメント
画面の内と外側
手を伸ばせば互いの磁気を織り成し
且つ消え且つ結びながら境界を溶かしていく
二つの身体が現す一枚の絵は
果てしなく描かれ、共鳴する

プロフィール
鈴木清貴Suzuki Kiyotaka×藤田拓也 Fujita Takuya
桜美林大学在学中、共に木佐貫邦子に師事。07年卒業後すぐに結成。同年よりセッションハウスを中心に活動。今作品が初のデュオ作品となる。
鈴木清貴:84年、東京都出身。高校時代にストリートダンスの初舞台で大恥をかき悔しさから踊り始める。木佐貫邦子に出会い本格的に踊りを開始。卒業後はコンテンポラリーに転向して菊地尚子、三東瑠璃などの元で学ぶ。
藤田拓也:85年、北海道出身。在学中に木佐貫邦子と出会い、役者からダンスに転向。07年卒業後、伊藤直子・KENTARO!!の下で学びながら、三浦宏之作品等、様々な作品に出演する。<セッションハウス推薦>

ピンク【東京】photo 飯田研紀
作品タイトル 子羊たちの夕焼けボート
振付・出演:磯島未来、加藤若菜、須加めぐみ

作品コメント
やればやる程分からなくなり
でもやることで突きとめたい頑固不器用
進んで飲み込まれて
それでも進む
その先に見えるものは

プロフィール
ピンク Pink
磯島未来・加藤若菜・須加めぐみによる過呼吸乙女ユニット。正統に鍛えた体をことごとく酷使しながらその先に見えるダンスをダンスと示すも、3人のセッションは「同時多発バカ」と呼ばれるほどバカバカしさで溢れていて、その融合は他に類を見ない。08年3月「ピンク祭」開催、単独公演『COSMIC LIVE 2008』発表。


■百田彩乃・高山力造 【福岡】photo 清水 俊洋 
作品タイトル spare
振付・出演:百田彩乃、高山力造

作品タイトル 
君と私は たぶんペアで 私は君の たぶんスペア 
2人で1つを求めて 騙し合ったり 奪い合ったり
だったら 存分に楽しみましょうか 
2人の関係が リペアするまで 

プロフィール
百田彩乃 Momoda Ayano
山口県生まれ。でも青春時代のほとんどを広島で過ごす。大学時代にワークショップを通してコンテンポラリーダンスと出会う。あらゆる可能性に魅せられて、大好きなダンス道を追い求め中。ダンスラボ05、06、07 (北九州芸術劇場 企画製作)に参加。08にCNDC(フランスアンジェ国立振付センター)の研修に参加。同年4月、京都にてCNDCの芸術監督Emmanuelle Huynhによる作品「BIG LIFE」に出演。7月からは《ダンス部》(北九州芸術劇場 企画製作)の部長として活躍中。
高山力造 Takayama Rikizo
広島出身。18才から住み着いた福岡を拠点に劇団 《village80%》で脚本/演出/役者と手広く活動中。福岡市文化芸術振興財団主催の演劇ワークショップで進行役も務める。同財団主催ダンスジェネレイト福岡05でコンテンポラリーダンスに出会い、北九州芸術劇場ダンスラボ05、06、07年に参加。作品創作の方法を学ぶ。演劇とダンスの境界線上をふらふらと歩いている今日この頃。<福岡選考会選出>

| codex7000 | - | 23:40 | comments(3) | trackbacks(2) |
2008「踊りに行くぜ!! vol.9」福岡公演
2008「踊りに行くぜ!! vol.9」福岡公演

ダンスは未知のトビラを開く!?!
2008「踊りに行くぜ!! vol.9」のトップバッター、福岡公演はまたまた凄いです!!
上演作品、恒例のグッズ・ロビー会場とも、乞うご期待!乞うご来場!!の福岡公演です。

ブログ「福岡発ダンス∞アート情報」を併せてご覧下さい。


おてんき公演日時: 2008年10月4日(土曜日)   19:00開場  19:30開演
  公演会場:イムズホール(福岡市中央区天神1−7−11 イムズ9F)
  チケット料金:一般    前売り2,500円 / 当日3,000円
          学生     前売り1,500円 / 当日2,000円
           ※ 全席自由、学生券は入場の際に要学生証提示

かわいいチケット取り扱い  ローソンチケット  Tel 0570-084-008(Lコード85903) 
  メガチケットアートリエ Tel 092-281-0103(10時〜20時・店頭販売のみ)
  JCDNダンスリザーブhttp://dance.jcdn.org/ 
     
よつばのクローバー主催:コデックス Co.D.Ex. / 「踊りに行くぜ!! Vol.9」福岡公演実行委員会
  後援:(財)福岡市文化芸術振興財団  福岡市   
  協力:イムズ

聞き耳を立てるお問合せ/予約:コデックス Co.D.Ex. Tel 080-5202-1837
                     E-mail codex7000@yahoo.co.jp


出演者プロフィール・作品紹介】 
アベカズミ 【福岡】  
作品タイトル 夕立
振付・出演:アベカズミ



作品コメント
雨の音を聴くと「何回も生き直してきた」そんな気がする。
繰り返してきた思いがある。
「ずっと待っていた」
そしてわかった
「私は女なのだ」

プロフィール
アベカズミ Abe Kazumi
ライブハウス通いの20代、あきらめと欲求不満を抱えた、なりきれないパンクス。01年偶然新聞で見た福岡市文化芸術振興財団「ダンスジェネレート」参加。コンテンポラリーダンスに出会い、生まれて初めてのダンス。講師の日玉浩史に大きな影響を受ける。様々なワークショップを受け舞台に出演。03年家族の介護の為ダンスから離れる。07年コンテの先輩のすすめで「踊りに行くぜ」選考会応募。08年福岡フリンジフェスティバル「ダンスの発火点」出演。音楽と響き合う作品づくりを目指す。<福岡選考会選出>

金魚(鈴木ユキオ) 【東京】photo Shinsuke Hatashima 
作品タイトル 沈黙とはかりあえるほどに
振付・演出・美術:鈴木ユキオ
出演:鈴木ユキオ、安次嶺菜緒、原田香織、横山良平
衣装:石野良子
作品コメント
沈黙とはかりあえるほどに、、、
そぎおとされた、過剰に蓄積していく世界
沈黙はコンタクト 交感
ひりひりと耳をすまし、覚悟する――

プロフィール
金魚(鈴木ユキオ) KINGYO
鈴木ユキオが活動を開始。切実な身体を並べ、人間や感情、個性のすれ違いや出会う様を演出。淡々とながれる時間の中で身体が語るのは、残虐なまでに不器用で、愛おしいほど空回りを続ける命の儚さ。まさに、ドキュメンタリー・ダンス。03年STスポット・ラボアワード受賞。07年京都芸術センター舞台芸術賞ノミネート。トヨタコレオグラフィーアワード05年オーディエンス賞、08年次代を担う振付家賞受賞。<カンパニー公募選出>
http://www.suzu3.com/

鈴木清貴×藤田拓也 【東京】photo 伊藤孝
作品タイトル 変容するモザイク
振付・出演:鈴木清貴、藤田拓也

作品コメント
画面の内と外側
手を伸ばせば互いの磁気を織り成し
且つ消え且つ結びながら境界を溶かしていく
二つの身体が現す一枚の絵は
果てしなく描かれ、共鳴する

プロフィール
鈴木清貴Suzuki Kiyotaka×藤田拓也 Fujita Takuya
桜美林大学在学中、共に木佐貫邦子に師事。07年卒業後すぐに結成。同年よりセッションハウスを中心に活動。今作品が初のデュオ作品となる。
鈴木清貴:84年、東京都出身。高校時代にストリートダンスの初舞台で大恥をかき悔しさから踊り始める。木佐貫邦子に出会い本格的に踊りを開始。卒業後はコンテンポラリーに転向して菊地尚子、三東瑠璃などの元で学ぶ。
藤田拓也:85年、北海道出身。在学中に木佐貫邦子と出会い、役者からダンスに転向。07年卒業後、伊藤直子・KENTARO!!の下で学びながら、三浦宏之作品等、様々な作品に出演する。<セッションハウス推薦>

ピンク 【東京】photo 飯田研紀
作品タイトル 子羊たちの夕焼けボート
振付・出演:磯島未来、加藤若菜、須加めぐみ


作品コメント
やればやる程分からなくなり
でもやることで突きとめたい頑固不器用
進んで飲み込まれて
それでも進む
その先に見えるものは

プロフィール
ピンク Pink
磯島未来・加藤若菜・須加めぐみによる過呼吸乙女ユニット。正統に鍛えた体をことごとく酷使しながらその先に見えるダンスをダンスと示すも、3人のセッションは「同時多発バカ」と呼ばれるほどバカバカしさで溢れていて、その融合は他に類を見ない。08年3月「ピンク祭」開催、単独公演『COSMIC LIVE 2008』発表。


■百田彩乃・高山力造 【福岡】photo 清水 俊洋 
作品タイトル spare
振付・出演:百田彩乃、高山力造

作品タイトル 
君と私は たぶんペアで 私は君の たぶんスペア 
2人で1つを求めて 騙し合ったり 奪い合ったり
だったら 存分に楽しみましょうか 
2人の関係が リペアするまで 

プロフィール
百田彩乃 Momoda Ayano
山口県生まれ。でも青春時代のほとんどを広島で過ごす。大学時代にワークショップを通してコンテンポラリーダンスと出会う。あらゆる可能性に魅せられて、大好きなダンス道を追い求め中。ダンスラボ05、06、07 (北九州芸術劇場 企画製作)に参加。08にCNDC(フランスアンジェ国立振付センター)の研修に参加。同年4月、京都にてCNDCの芸術監督Emmanuelle Huynhによる作品「BIG LIFE」に出演。7月からは《ダンス部》(北九州芸術劇場 企画製作)の部長として活躍中。
高山力造 Takayama Rikizo
広島出身。18才から住み着いた福岡を拠点に劇団 《village80%》で脚本/演出/役者と手広く活動中。福岡市文化芸術振興財団主催の演劇ワークショップで進行役も務める。同財団主催ダンスジェネレイト福岡05でコンテンポラリーダンスに出会い、北九州芸術劇場ダンスラボ05、06、07年に参加。作品創作の方法を学ぶ。演劇とダンスの境界線上をふらふらと歩いている今日この頃。<福岡選考会選出>
| codex7000 | - | 02:30 | comments(1) | trackbacks(2) |
あす、あじ美ホールであいましょう!
今朝、今年初めてのベランダの朝顔が激しい雨に濡れソボリながらも頑張って開きました。
そう、明日22日は、晴天でも雨がじゃんじゃん降っても、午後から下川端の福岡アジア美術館8Fホールへ!
14:20からズズーと、とにかく、とにかく、この機会でしか観れない踊りが11っこ!熱演で大輪の花を咲かせます!これは面白いです!!お見逃しなく!!!
終演時間は19:30予定。
一度500円で入場いただくと、なんと途中退場、再入場自由っと便利です(笑)

おてんき2008「踊りに行くぜ!!vol.9」

福岡公演出演者選考会


日時: 2008年6月22日(日) 14:30〜
入場料:500円(予約不要)
会場:福岡アジア美術館8F あじびホール

  市営地下鉄「中洲川端駅」地下直結
福岡市博多区下川端町3-1

待ってました!今年も「踊りに行くぜ!!」福岡選考会。この日のために創られ磨かれた作品の数々。選考会でしかお目にかかれない作品を真近にご覧いただけます。10月4日(土)イムズでの「踊りに行くぜ!! vol.9」福岡公演にむけて、地域から飛び立つ作品の熱い競演をどうぞお楽しみください!!

おてんき2008「踊りに行くぜ!!」福岡公演選考会出演オーダー
1. Selbst(宮原一枝、徳永恭子、平山等子)
      「DISHESーディッシュ(イズ)ー」
2. タイスケ 「between」
3. 植竹素子 「り・ぼ・ん」(石垣市)
4. つかのみき 「ケ・セラ・セラ・ビュー」(北九州)
5. アベカズミ 「夕立」
6. AMM(北嶋宏子、川本アレクサンダー、澁田恵美)
     「イクツゥス」(岩国)
7. 竹之下亮 「PU-」(熊本)
8. 百田彩乃・高山力造 「spare」
   −クリティカル レスポンスー
9. 園田郁美(郁紅)・宇宙人おーちゃん 
     「宇宙のはじまり・こどもの弥勒」
10.平田雄嗣(KACHOO)「瞬華愁凍」
11.真崎千佳・吉川達也 「ブラッドオレンジ」(敬称略) 
 
終演は19:30を予定。入場後の途中退場、再入場自由。
 

一次選考委員    
梁木 靖弘(九州大谷短期大学表現学科主任教授・演劇評論家)、中尾 智路(福岡アジア美術館学芸員)、安部 郁夫(イムズ)、高橋 栄幸((財)福岡市文化芸術振興財団)、スウェイン 佳子(コデックス Co.D.Ex.)

主催:コデックス Co.D.Ex. 「踊りに行くぜ!! Vol.9」福岡公演実行委員会
後援:(財)福岡市文化芸術振興財団/福岡市
「踊りに行くぜ!!」全体企画:NPO法人 Japan Contemporary Dance Network

問合せ:■コデックス Co.D.Ex.
     TEL:080-5202-1837 / E-mail:codex7000@yahoo.co.jp
| codex7000 | - | 16:44 | comments(0) | trackbacks(10) |
あす、あじ美ホールであいましょう!
今朝、今年初めてのベランダの朝顔が激しい雨に濡れソボリながらも頑張って開きました。
そう、明日22日は、晴天でも雨がじゃんじゃん降っても、午後から下川端の福岡アジア美術館8Fホールへ!
14:20からズズーと、とにかく、とにかく、この機会でしか観れない踊りが11っこ!熱演で大輪の花を咲かせます!これは面白いです!!お見逃しなく!!!
終演時間は19:30予定。
一度500円で入場いただくと、なんと途中退場、再入場自由っと便利です(笑)

おてんき2008「踊りに行くぜ!!vol.9」

福岡公演出演者選考会


日時: 2008年6月22日(日) 14:30〜
入場料:500円(予約不要)
会場:福岡アジア美術館8F あじびホール

  市営地下鉄「中洲川端駅」地下直結
福岡市博多区下川端町3-1

待ってました!今年も「踊りに行くぜ!!」福岡選考会。この日のために創られ磨かれた作品の数々。選考会でしかお目にかかれない作品を真近にご覧いただけます。10月4日(土)イムズでの「踊りに行くぜ!! vol.9」福岡公演にむけて、地域から飛び立つ作品の熱い競演をどうぞお楽しみください!!

おてんき2008「踊りに行くぜ!!」福岡公演選考会出演オーダー
1. Selbst(宮原一枝、徳永恭子、平山等子)
      「DISHESーディッシュ(イズ)ー」
2. タイスケ 「between」
3. 植竹素子 「り・ぼ・ん」(石垣市)
4. つかのみき 「ケ・セラ・セラ・ビュー」(北九州)
5. アベカズミ 「夕立」
6. AMM(北嶋宏子、川本アレクサンダー、澁田恵美)
     「イクツゥス」(岩国)
7. 竹之下亮 「PU-」(熊本)
8. 百田彩乃・高山力造 「spare」
   −クリティカル レスポンスー
9. 園田郁美(郁紅)・宇宙人おーちゃん 
     「宇宙のはじまり・こどもの弥勒」
10.平田雄嗣(KACHOO)「瞬華愁凍」
11.真崎千佳・吉川達也 「ブラッドオレンジ」(敬称略) 
 
終演は19:30を予定。入場後の途中退場、再入場自由。
 

一次選考委員    
梁木 靖弘(九州大谷短期大学表現学科主任教授・演劇評論家)、中尾 智路(福岡アジア美術館学芸員)、安部 郁夫(イムズ)、高橋 栄幸((財)福岡市文化芸術振興財団)、スウェイン 佳子(コデックス Co.D.Ex.)

主催:コデックス Co.D.Ex. 「踊りに行くぜ!! Vol.9」福岡公演実行委員会
後援:(財)福岡市文化芸術振興財団/福岡市
「踊りに行くぜ!!」全体企画:NPO法人 Japan Contemporary Dance Network

問合せ:■コデックス Co.D.Ex.
     TEL:080-5202-1837 / E-mail:codex7000@yahoo.co.jp
| codex7000 | - | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
これはもう見逃せません!!
おてんき地域から生まれでた作品の数々、ここでしか観れない作品と、これはもう見逃せません!!6月22日(日)あじびホール、14:30からの熱い競演どうぞお楽しみに!!
2008「踊りに行くぜ!! vol.9」福岡公演に関する最新の情報はブログ「福岡発ダンス∞アート情報」で随時アップしていきますので、あわせてご覧下さい。

おてんき2008「踊りに行くぜ!!vol.9」

福岡公演出演者選考会


日時: 2008年6月22日(日) 14:30〜
入場料:500円(予約不要)
会場:福岡アジア美術館8F あじびホール

  市営地下鉄「中洲川端駅」地下直結
福岡市博多区下川端町3-1

待ってました!今年も「踊りに行くぜ!!」福岡選考会。この日のために創られ磨かれた作品の数々。選考会でしかお目にかかれない作品を真近にご覧いただけます。10月4日(土)イムズでの「踊りに行くぜ!! vol.9」福岡公演にむけて、地域から飛び立つ作品の熱い競演をどうぞお楽しみください!!
「踊りに行くぜ!!vol.9」 福岡公演選考会出演者 
アベカズミ 「夕立」
植竹素子 「り・ぼ・ん」(石垣市)
AMM(北嶋宏子、川本アレクサンダー、澁田恵美)「イクツゥス」(岩国)
Selbst(宮原一枝、徳永恭子、平山等子)「DISHES〜机上で喰う論〜」
園田郁美(郁紅)・宇宙人おーちゃん「宇宙のはじまり・こどもの弥勒」
竹之下亮 「PU-」(熊本)
タイスケ 「未定」
つかのみき 「ケ・セラ・セラ・ビュー」(北九州)
真崎千佳・吉川達也 「ブラッドオレンジ」
百田彩乃・高山力造 「“spare”」
平田雄嗣(KACHOO)「瞬華愁凍」(アイウエオ順 敬称略)


一次選考委員    
梁木 靖弘(九州大谷短期大学表現学科主任教授・演劇評論家)、中尾 智路(福岡アジア美術館学芸員)、安部 郁夫(イムズ)、高橋 栄幸((財)福岡市文化芸術振興財団)、スウェイン 佳子(コデックス Co.D.Ex.)

主催:コデックス Co.D.Ex. 「踊りに行くぜ!! Vol.9」福岡公演実行委員会
後援:(財)福岡市文化芸術振興財団/福岡市
「踊りに行くぜ!!」全体企画:NPO法人 Japan Contemporary Dance Network

問合せ:■コデックス Co.D.Ex.
     TEL:080-5202-1837 / E-mail:codex7000@yahoo.co.jp
      ■(財)福岡市文化芸術振興財団 事業係
     TEL:092-263-6265 / E-mail:plan-d@ffac.or.jp

| codex7000 | - | 03:50 | comments(1) | trackbacks(1) |
2008年「踊りに行くぜ!! vol.9」福岡選考会
ひらめきお待たせしました!
2008年「踊りに行くぜ!!」福岡選考会と、それに先立つ応募作品ビデオ募集要項の発表です!!

・・・といっても、昨年と日付が違うだけか?

あ、今年の選考会は福岡アジア美術館8Fのあじびホール!? 
  
     そして、そこでいったい何がまきおこるのか・・・??

今年も。 今年こそ。 どうぞ、お見逃しなく!!!


応募作品のビデオ締め切りは5月22日(木)(消印有効)。 
そして、毎年絶好調(笑)、 楽しみな選考会+ダンスディスカッションは6月22日(日)です。きっとご来場下さいね!
 


2008年「踊りに行くぜ!! vol.9」
福岡公演 出演者選考会+ダンスディスカッション   
開催日時:2008年6月22日(日)  14:30 スタート   
入場料:500円 
会場:福岡アジア美術館8F あじびホール


2000年度から始まった「踊りに行くぜ!!」〜JCDN全国パフォーマンススーペース間のダンス巡回公演プロジェクト〜は、今年で9回目の開催となり、昨年度からはアジア各地でも開催されています。
08年の福岡公演は、イムズホールにて、10月4日(土)開催を予定
しています。
JCDNでは、「踊りに行くぜ!! 」を
■全国の振付家/ダンサー/パフォーマーが、違う都市において公演を重ね様々な反応を得ることによって、作品及びアーティストが育っていくこと
■全国のアーティスト間、スペース間、アーティストとスペース間の新たなコミュニケーションが生まれること
■各地域の孤立をなくすこと
■各地域の観客に新しいアーティストを紹介することにより、ダンスへの理解が深まり、観客自体が育っていくこと
■アーティストにとって地元以外での単独の公演やカンパニー公演が日本各地で行われるようになること
■既成のダンスにとらわれることなく、オリジナリティのある動きや新たなダンスの価値を創り出すこと
を目的に企画し、出演者は、1.各開催地での選考会からの選出 2.開催すスペースとJCDNからの依頼 3.スペースの推薦(東京:セッションハウス/大阪:ダンスボックス/京都:「KYOTO DANCE PRODUCTION2007」<京都芸術センター>)4.カンパニー公募等の方法で決定しています。 
創る人と観る人の本音トーク、毎回好評のダンスディスカッション。皆様の積極的な参加をお待ちしております!
(「踊りに行くぜ」昨年の様子は、http://www.jcdn.org/odoriniikuze/07/でご覧いただけます。)

応募対象作品 
・振付家自身が出演する20分以内のオリジナルのダンス/パフォーマンス作品(ジャン ルは問いません)。
・出演人数は、ソロから3名までを対象とします。過去の作品・新作は問いません。
・昨年07「踊りに行くぜ!!」vol.8公演に出演した方は、同様の出演者構成での応募はで きません。 
応募方法・締め切り 2008年 5月 22日(木)(消印有効)
1.本企画で上演希望作品のビデオ(DVD 又は、VHS)  
  ■作品の内容がわかるもの   ■20分以内の1作品に限定  
  ■プロモーションビデオのように編集されたビデオは対象外 
  ■ビデオ返却を希望される方は、必ず (峙兩莉蚕蠅鯡正し ∪攫蠅鯏修辰辛筒   を同封してください。
2.振付家名・出演者名・(ユニット名)・作品名・作品に対するコメント・収録作品の  分数・出演者の人数を明記
3.振付家連絡先・略歴・(ユニット略歴)、応募者名・連絡先(振付家と同じ場合は一つで可)
4.応募の時点でわかっている10月から12月の予定。      
  ※当日の集合時間など詳細は、出演者決定後にお知らせいたします。

応募多数の場合は、ビデオ審査を行い、結果を一週間以内にご連絡いたします。
締切日翌々日に選考会に出ていただくかどうかを連絡します。
本選考会は1次選考会として開催し、応募があった作品の中から1次選考委員により2-4作品を選出。その中より映像(選考会発表時の映像)による2次選考をJCDNと地元主催者の両者で協議し、出演作品を決定します。 

一次選考委員    
梁木 靖弘(九州大谷短期大学表現学科主任教授・演劇評論家)
中尾 智路(福岡アジア美術館キュレーター)  安部 郁夫(イムズ)
高橋 栄幸(福岡市文化芸術振興財団)  スウェイン 佳子(コデックス)


応募資料送付先    
〒812-0027 福岡市博多区下川端町3−1      
(財)福岡市文化芸術振興財団 事業課事業係  「踊りに行くぜ!!」福岡選考会宛 
            
お問合せ先        
コデックス(Co.D.Ex.):TEL 080-5202-1837  e-mail codex7000@yahoo.co.jp
JCDN事務局:TEL 075-361-4685 e-mail jcdn@jcdn.org 
      URL http://www.jcdn.org/

出演時の条件 
「踊りに行くぜ!!」公演の出演に関しては、出演者の交通・宿泊費(福岡以外で開催する公演に出演する場合)および日当・ギャランティをJCDNが負担します。

公演内容 
各地において4組−5組の出演者による作品(1組約20分以内)を上演します。JCDNと各スペースと相談の上、各地のプログラムを決定します。基本的に4組のうち1組は地元の出演者としております。


主催:コデックス(Co.D.Ex.) (財)福岡市文化芸術振興財団 福岡市 
「踊りに行くぜ!!」全体企画:NPO法人 Japan Contemporary Dance Network


□■□□■■□■□□■■□■□□■■□■□□■■□■□□■■□■□□
┏┓  ■JCDNメールマガジン 号外      2008.4.23     ┏┓
┗□───────────────────────□┛
○ 「踊りに行くぜ!!」いよいよシアター・テレビジョンにデビュー!!
○ 「踊りに行くぜ!!」vol.9 出演作品募集中!![募集〆切5〜6月]
○ トヨタコレオグラフィーアワード ファイナリスト決定!!  

┏★「踊りに行くぜ!!」シアター・テレビジョンにデビュー!!━━━━┓
   ≫ http://www.jcdn.org/contents/theatertv.htm
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
予てより念願の「踊りに行くぜ!!」テレビ放送がいよいよ実現します!
5月より毎月シアター・テレビジョンにて、「踊りに行くぜ!!」参加アーティストの映像を紹介します。第一弾は、今年3月に上演した「踊りに行くぜ!!」vol.8東京スペシャルの4作品を一挙放送。各アーティストのインタビューもありますよ。

 ┏★「踊りに行くぜ!!」vol.9 出演者募集・公募のお知らせ━━━━┓
   [募集〆切5〜6月] http://jcdnjp.x.cmssquare.com/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   本公募では、ソロ〜3名以内による従来の公募選出枠に加えて、
   4〜6名以内のカンパニー作品選出枠を設けます。
─────────────────────────────―
●公募(振付家・音楽家含むソロ〜3名以内の作品)
この公募は、本公演開催予定の地域(一部を除く)でビデオによる選考・選考会の開催、などの方法により行います。地域によって選考方法・公募要綱が異なりますので、応募の際はご自身の活動拠点の公募(拠点での募集がない場合は最寄の募集地域)にご応募ください。
□ 公募詳細・要綱(対象作品・準備書類・送付締切など)は
http://jcdnjp.x.cmssquare.com/modules/tinyd1/index.php?id=3
□ 全国の公募・選考会スケジュール一覧
http://jcdnjp.x.cmssquare.com/modules/tinyd0/index.php?id=2
※現在調整中の地域が数箇所ありますが今後上記サイトにて詳細をUPします。
※最寄地域が不明な場合や、活動拠点での応募があるかどうかなど、
  ご不明な点はJCDNまでお問合せください。
☆☆なお、関西・関東エリアでは、ビデオ選考による公募を行います。☆☆
   応募書類〆切は5月15日(必着)です
─────────────────────────────―
●カンパニー公募(振付家・音楽家含む4〜6名以内の作品)
この公募は、エリアに限らず全国を対象に行う、ビデオ選考による公募です。
□ カンパニー公募詳細・要綱(対象作品・準備書類・送付締切など)は
http://jcdnjp.x.cmssquare.com/modules/tinyd1/index.php?id=4
☆応募書類〆切は5月15日(必着)です。

皆様のご応募を、お待ちしております!!
■「踊りに行くぜvol.9」総合サイト http://jcdnjp.x.cmssquare.com/
■企画・主催・お問合せ:NPO法人JCDN事務局  075-361-4685
| codex7000 | - | 02:45 | comments(0) | trackbacks(10) |
2007「踊りに行くぜ!! vol.8」福岡公演
◎ 2007・10・1〜7「踊りに行くぜ!! vol.8」福*岡*プレイベント*情*報 ◎
1、10月1日(月)19:00/博多リバレインB2Fアートリエ/無料
  【内容】「踊りに行くぜ!!」出演ダンサー他によるデモンストレーション
2、10月6日(土)16:00-19:00/イムズスタジオ(イムズ10F)/参加費3000円
  【内容】「踊りに行くぜ!! vol.8」出演者”ヨシ&オデッド”によるワークショップ
3、10月7日16:00〜/イムズスクエア/無料
  【内容】イムズ正面玄関前にて、デモンストレーション


◎ 2007・10・7「踊りに行くぜ!! vol.8」福*岡*公*演*情*報 ◎
「イムズ パフォーミングアーツシリーズ07 vol.8」

[会  場] イムズホール (イムズ9F)
〒 810-0001 福岡県福岡市中央区天神1−7−11 
TEL 092-733-2016    
URL http://www.ims.co.jp/
アクセス:地下鉄「天神駅」/西鉄「福岡駅」から徒歩1分

[開催日時] 10月7日(日)19:00開演(18:30開場)

[料  金] 一般 前売2500円/当日3000円
       学生 前売1500円/当日2000円 
[予約・問合] ダンスコミュニケーションCo.D.Ex.(コデックス)
         TEL 080-5202-1837  E-mail codex7000@yahoo.co.jp
[取  扱] チケットぴあ/ローソンチケット
≪出演者一覧≫
 イフクキョウコ[福岡]
 KIKIKIKIKIKI [京都]
 KENTARO!! [東京]
 山野井寛 マニシア[福岡]
 ヨシ・ベルグ&オデット・グラフ[イスラエル]

主催 :ダンスコミュニケーションCo.D.Ex.(コデックス)
URL http://d-codex.jugem.jp
    (財)福岡市文化芸術振興財団 URL http://www.ffac.or.jp/ /福岡市
協力:イムズ

【出演者プロフィール・作品紹介】   ※出演者はアーエ順  
■イフクキョウコ【福岡】
作品タイトル浮かんで遊んで流れて
振付・出演:イフクキョウコ
作品コメント
あべこべな 浮遊感
身体と音の
プロフィール 
Ifuku Kyoko幼少よりあちこちに点在し縁あって福岡にながれつく。その土地土地の影響をうけ染み付いた匂いとばらばらな記憶がつなぎあわされた身体をもつ。05年よりコンテンポラリーダンスをはじめ、「ダンスジェネレイト福岡2004」(福岡市文化芸術振興財団主催)に参加、『ゆらん』発表。「波に乗れ!ダンス波」(同)にて、『und』発表。「ダンスラボ2005・2006」(北九州芸術劇場主催)参加。最近は即興音楽とダンスのライブも行う。無性に踊りたくて狂いたい今日この頃。福岡発パフォーマンスユニット《素体ル》所属。<福岡選考会選出>

■KIKIKIKIKIKI【京都】
作品タイトル サカリバ007
振付・演出:きたまり
出演:野渕杏子、花本ゆか、山上恵理、きたまり
音楽:,G  美術:黒田政秀  衣装:園部典子
※京都芸術センター制作支援事業
写真:舞台写真 撮影:清水俊洋 
作品コメント  
ここにいる。ここで起こる開放的な時間、ここで流れる閉鎖的な時間、破裂するほどの感情や氾濫する情報の渦の中、あさましくここにいる。
プロフィール
03年に京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科在学中のきたまりを中心に活動開始。以後ダンサー個々の特異な身体フォルムから湧き上がる独自の身体言語の世界観を追求し、実験的に作品の上演を重ねる。06年大学卒業を期にカンパニーとして本格始動。『サカリバ』(初演:04年)にて、主宰きたまりが06年「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD」ファイナリストとなる。同作にて07年KDP参加、新ダンサーと音楽に,G(カマジー)を迎え刺激たっぷり生まれ変わり、再デビュー致します。<京都ダンスプロダクション(KDP)選出>

■KENTARO!!【東京】
作品タイトル 東京で会いましょう
振付・出演:KENTARO!!
作品コメント 
お久しぶりです。君と出会ったあの日より、僕も大人になりました(多分)。だけどあの日の気持ちだけは変わらない…仕事も恋愛も超えて君に会いたい!!うん、ここに会いに来てください。
プロフィール
中学生の時からHIPHOP、LOCK DANCE、HOUSEを中心に学び、19歳の時にダンスチームLOCKIN`ONを結成。4年間の活動を経て03年よりソロダンサー・KENTARO!!として始動。主にクラブイベントで踊っていたが、コンテンポラリーダンスに深く影響を受けて劇場等でも踊るようになった。現在はライブ感を重要視し、即興を軸としてHIPHOPの技術と精神をコンテンポラリーにねじ込んだ独自の表現を目指している。07年度セッションハウス・レジデンスアーティスト。 www.kentarock.com

■山野井寛 マニシア【福岡】
作品タイトル ヒロシとワタシ
振付・出演:山野井寛、マニシア
作品コメント
透明だった糸が赤く染まり、ヒロシとワタシは出逢いました。
ただの友人同志では濃すぎ、恋人同志には薄すぎる。
さあ、ふたりを結んだ赤い糸は、あなたも結んでいきますよ。
プロフィール
Yamanoi Hiroshi Manizia 山野井:78年生まれ。生まれた頃から脳性麻痺による両上下肢機能障害と言語障害をもつが、さまざまな人とコミュニケーションを図るために手話に頼らず、ボディーランゲージで意思を表す根っからの身体表現者である。
マニシア:N.Y.でダンス活動後、90年インターナショナルダンスネットワークを結成しストリートチルドレン救済チャリティー公演を現在に至り続ける。06年障害者を含めWaLEwaleworks結成。現在、ダンスセラピーの研究の真っただ中。<福岡選考会選出>

■ヨシ・ベルグ&オデッド・グラフYossi Berg & Oded Graf 【イスラエル】
作品タイトル ラビットハビット Rabbit Habit
振付・出演:オデッド・グラフ、ヨシ・ベルグ
音楽: オハッド・フィショフ
衣装: タリア・オルバッハ
作品コメント
見つめ合いながら、鏡に映る姿のように動く二人の男。
お互いの姿に現れるものは、ぶち壊し、反抗し、逃げ出したい、見慣れた過去の記憶。
ここを突き抜けてファンタスティックになれるのか…
06-07年のイスラエルにおけるダンス公演のベスト5に選ばれた作品。
プロフィール 
両者ともフリーで活動するダンサー/振付家。05年からコラボレーションを始める。世界のフェスティバルでデュオ作品を発表し、ドイツ・ハノーバーの国際振付競技会では最優秀賞受賞。彼らの作品は常に問題提起しながら、スタイリッシュで身体性に富む、新しい角度からのダンス探検である。

クリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリア
 「踊りに行くぜ!! vol.8」福岡公演チラシの訂正
謹んで「踊りに行くぜ!! vol.8」福岡公演チラシの誤りを訂正をさせて頂くとともに、関係者の皆さまには深くお詫び申し上げます。

1、作品「サカリバ007」(京都芸術センター制作支援事業)を上演されるKIKIKIKIKIKI【東京】は誤りで、きたまりさんが主宰される京都のカンパニーです。
従いまして、KIKIKIKIKIKI【京都】に訂正させて頂きます。振付・演出のきたまりさんはじめ、KIKIKIKIKIKIの関係者の皆さまには、深くお詫びいたします。

2、作品「東京で会いましょう」振付・出演のKENTARO!!さんのプロフィールの最後に<福岡選考会選出>とあるのは誤りで、KENTARO!!さんは、福岡主催者とJCDNからの依頼で出演されます。
KENTARO!!さんに深くお詫びいたします。

                             スウェイン佳子
              ダンスコミュニケーションCo.D.Ex.(コデックス)

クリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリアクリア

【全体チラシ 主文・今年のトピックス】
旅するダンス 2007

今年も日本各地で生まれた41のダンスが全国21都市に旅に出ます。
そのダンスはコンテンポラリーダンスと呼ばれています。

コンテンポラリーダンスは、作品を創るアーティストの数だけ
異なったスタイルがあり、新たなイメージの発明があり、
そこから紡ぎ出される物語やムーブメントや世界観は、
作品ごとに違ったセカイを魅せてくれます。

そんなダンスを観る楽しみは、
自由自在にイメージを膨らませたり、客席にいながら、
いつのまにかダンサーの動きがのりうつって、一緒に身体が踊っていたり……。
ある時は、滑稽なダンスなのに何故か泣けてきたり・・・・・・。
からだやダンスそのものが言葉にならないイメージのかたまりで、
それが、私たち観るものに新しい価値を見出させてくれます。

あなたも、そんなダンスを探しに一緒に旅に出ませんか?
ダンスはあなたの未知のトビラを開けることになるかもしれません。

今年から新たに、カンパニーと海外からのゲストアーティストが加わります。
皆様のご来場をお待ちしています。

NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)

今年度vol.8のトピックス―――――

★カンパニー作品が加わりました!
これまで、振付家自身がダンサーとしても出演し、ダンサー/パフォーマーが3名までの作品を紹介してきましたが、今年度より出演者6名以内のカンパニーによる作品が新たに加わり、今まで以上に振付家が創り出す世界の広がりを観ることができます。ソロからカンパニー作品まで、バリエーションの増えた多様なダンスの魅力、"ダンス"する身体の面白さをお楽しみください!

★海外からのゲストアーティストが参加します!!
今年初めて、海外からのアーティストを各国の大使館等の協力のもと招聘します。それぞれ自国の文化をバックグラウンドとしながらも、同時代の個の表現が際立つ、そんなツワモノたちが来日します。
話題の北欧フィンランドから、シンプルな音と身ひとつで逞(たくま)しくチャーミングなダンスを披露してくれる<エーヴァ・ムイル>。台湾からは出色異色、古の祭で用いる歌舞音曲をベースに現代と伝統を串刺しにした作品を創りあげた、なんとも不思議な女性3名のダンスユニット<白舞寺>。昨年福岡で1回だけ上演し観客を驚かせた作品で、いろんな方に見てほしくて再来日です。そしてダンスの注目度が高く常に話題を提供し続けているイスラエルからは、男性2人のデュオ<ヨシ・ベルグ&オデット・グラフ>。男2人がかもし出すすがすがしさと哀愁、そこにイスラエルダンスの独自性が加わり、とっても良い感じですよ。
以上、3ヶ国のアーティストが日本各地を巡回します。どこの誰を観に行くか……、旅のお楽しみが増えるかも?!

★SPECIAL IN OSAKA 始まります!
10月〜12月に全国を巡回する「踊りに行くぜ!!」上演作品の中から、話題となった5−6作品をピックアップして上演するスペシャルプログラム。昨年まで東京のみで開催してきましたが、今年から大阪もスペシャルになります! 数年前に比べてダンスを観る・創る・支援する環境が整い、ダンス人口が増えつつある関西エリアで、新たな話題や作品つくりの火種・熱いダンス談義の現場となることを願って。今年は誰がスペシャルに出演するのか? そんな玄人目線で10月〜12月、各地のダンス公演にも足をお運びください!

★祝!初開催 「踊りに行くぜ!! in アジア」vol.1
この夏、「踊りに行くぜ!!」がアジア4カ国5都市を巡回! マレーシア/タイ/フィリピン/インドネシア2都市で、これまでの「踊りに行くぜ!!」出演者3-4組のアーティストに加え、各開催国で活躍する地元アーティスト1-2組が出演します。将来的にはこの日本での開催と同じように、アジア各国のアーティストが参加しそれぞれの国を巡回公演できるよう、アジアのダンスネットワークを形作りたい! そんな思いで毎年徐々に開催国を増やして、継続的なプロジェクトとして開催したいと思います。
※今年度の日程など詳細は、JCDNホームページで。
| codex7000 | - | 02:04 | comments(0) | trackbacks(17) |
「踊りに行くぜ!! vol.8」出演者選考会+ダンスディスカッション@福岡
□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■
きのこブルーきのこレッドきのこグリーン「踊りに行くぜ!! vol.8」
出演者選考会+ダンスディスカッション@福岡
きのこオレンジきのこブルーきのこレッド

開催日時:2007年6月9日(土)15:30〜
会場:福岡市民会館練習室 C
   住所:福岡市中央区天神5丁目1番23号
   TEL:092-761-6567  
入場料:500円
生まれたてのダンスをお楽しみください。
たくさんのご来場お待ちしています!
出演者 
あべ 和 『降り続ける銀河』、イフクキョウコ 『浮かんで遊んで流れて』、
中嶋太郎+後藤ユウミ『あそびにん』 、マニシア+ヒロシ『ヒロシとワタシ』
山口千春 (タイトル未定)、KARAS『CHAOS J.P.』  (敬称略/順不同)

クリティカル レスポンス16:30〜17:45予定
イフクキョウコさんの作品『浮かんで遊んで流れて』を観て
※前後20分の時間調整の可能性があります
振付家/ダンサーと参加者が、作品に対する対話を通じて、作品を成熟させるためのダンスディスカッションを行います。みなさまの積極的なご参加、楽しみにしています。
□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■

ジョギング「踊りに行くぜ!!」福岡公演のサポートスタッフ募集!!
企画、制作、運営など「踊りに行くぜ!!」福岡公演の活動を支援して下さい!
「踊りに行くぜ」福岡公演の昨年の様子は、福岡発ダンス∞アート情報でもご覧いただけます。
| codex7000 | - | 05:39 | comments(0) | trackbacks(2) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

bolg index このページの先頭へ